アルコール依存症を理解する

昨日のお話の続きです。


アルコール依存症専門病院に入院させ
と、同時に私たちも家族会というもので
(AAと言います)
でアルコール依存症について勉強と
体験談を交換する場なんです。
ここでもまた、救われました。
アルコール依存症の家族は閉鎖された環境にいます。
偏見の目で見られるし、恥ずかしくって
酔っ払って歩く父を怖いと思う人もいる
誰にも相談できない…

自分たちほど不幸な人間はいないって
ずっと思っていました。
でも、そこには仲間がいました。
同じような家族もいれば、上には上があるあるんだって思えるようなご家族も…

私たちだけじゃないんだって事がどれだけの救いになったのか。

それよりも、アルコール依存症について学ぶ事によって
父は本当に辞めたかったんだって思えた事

アルコール依存症に限らず
依存症は本人の意思に限らず、一度手を出すと限界まで求め続けてしまうのが
この病気なんです。
本人は本当にこのコップ一杯の酒を飲んだら
我慢しようって思って
たった一杯のお酒を普通の人の晩酌と同じように口にするだけなんです。
でも、たったコップ一杯
ううん、
盃一杯でも口にした途端、限界まで飲み続けないと行けなくなってしまう。
脳が求めてしまう。

それがアルコール依存症なんです。
これを知った時
父も苦しんでいたんだと
怠け病でも、意志が弱いんでもなかったんだと知る事が出来ました。
それを知るだけで
本当に救われました。

でもね、実際はここからも結局は何年か失敗を繰り返します( ´△`)

麻薬や覚醒剤の話で聞きませんか?
フラッシュバック
脳は簡単には諦めてくれないんです。
一度覚えた快感を…

その予防のために
抗酒剤と言うものがあって
外泊の時は飲まされるんです。
これを飲むと
もしお酒を飲んでしまうと血圧が上がって
苦しむ事になるんです。
頭痛に吐き気…を強制的に起こす薬
でもね、飲んだフリをして吐き出すみたいですね。。。
そう言う悪知恵を患者さん達は共有するんですよね。
と言う事で、
何年かは失敗を繰り返すと言うわけなんです。
でも、ある事をキッカケに
父の快進撃が始まります。

続く

天使の言葉と癒やしをあなたの心に届けます-天(そら)の愛とあなたを繋ぎます- いつも笑顔で- エンジュ

天使の癒しと言葉で あなたの心と身体を深く癒します ライトワーカーとして目覚めるための講座を開催しています。

0コメント

  • 1000 / 1000