"楽"と"楽しい"は行き先が違います

手放すためには
しっかりと向き合うことが必要です

向き合いたくないから
見たくないからと
背中を向けてもいいけど、
本当の意味で先に進む事出来なくなります

向き合えない感情を
書き換えたり置き換えたりしても
それは一時的な事

ただ、
臭い物に蓋をしているだけなんです
そのうち漏れ出してまた臭くなって来ますよ

壁の汚れを取らずに新しい壁紙張り替えても
じわじわと汚れが染みてきて、
また、汚れが浮き上がってきますよ


だから、
置き換えたり、書き換えたりして
ハイ!終わりではなく、
書き換えてもらって
向き合いやすㄑなっている間に、
しっかり見つめ直して、
そこから必要な事を学び
手放せばいいんです

そのために置き換え療法は
あるんです

直視出来ないからサングラス
かけるようなもの

書き換えたから
はい終了
ではない

それだけでは何も変わってない

頑張って向き合う事で
初めてその先にある光を見つける事が出来るから 辛いのわかるけど向き合えって言うんです。

その先にあるものがどんなに
素晴らしいかが見えるから 
しっかりと向き合って手放して
って言うんです

今さえ良ければが優しさですか?

辛い事に向き合えなんて
酷いこと言うなんて思ってるなら
あなたは光に似たものを見ているのかも
知れない…


【楽】と楽しいは
字は同じだけど全然違います

使命に沿って歩く事はワクワク楽しいけど
【楽】ではないから

でも、やっぱり楽しいんです
ワクワクするんです♪( ´▽`)

本当のワクワクを知ってほしい

だから、向き合ってほしいと願うんです
向き合わなければ手放す事が出来ないから

直視出来ないのなら
サングラスをかけて遠くから時間をかけて迂回して、またこの道に戻ればいいんです

【楽】を選び続けて現実逃避して
全然違う道に辿り着かなければいいんです

ありのままとそのままが違うように
楽を勧めることが優しさではないんです

☆ いつも笑顔で ☆

天使の癒しと言葉で あなたの心と身体を深く癒します ライトワーカーとして目覚めるための講座を開催しています。

0コメント

  • 1000 / 1000